個人情報の取り扱い

ただし、Wi-Fiを手放しで誰もが好きな用途に使う、ということに関しては「待った」を掛けなければならない時があります。それはなぜでしょうか。例えば私達が友人を家に招くとき、玄関の呼び鈴が鳴って、いくらかの方法でその訪問者が友人であることを確認して初めて家に招き入れるでしょう。

もしその確認を怠るなら、もしかすると悪意を持って訪問してきた人を、自分自ら家の中に入れてしまうかもしれません。そのような危険性―いわば可能性がある、ということです。同様に、多くの人が誰でも用いられるように解放されたWi-Fiは、いわば玄関が開けっ放しの状態である、と言えます。悪意がなく訪問する人は誰でも迎え入れることができますが、同時に悪意を持っている人もすんなり入れてしまう可能性があるのです。公衆無線LANは、誰もが使える状態のためセキュリティが甘く設定されている場合があり、悪意のあるアクセスによって他人が行っている通信が傍受されてしまう可能性がゼロとは言えません。

ですから、セキュリティの整っていない公衆無線LANを用いる際は、『銀行口座』や『暗証番号』、それに『クレジットカード番号』や『クレジットカードの暗証番号』を入力するような通信、いわば用い方は避けた方が賢明である、と言えます。

普及した公衆無線LAN

さて、そのWi-Fiは私達家庭にも普及しましたが、私達が用いる場合は、『家庭用のルータ』を用いるか、『モバイルルータ』を用いてWi-Fiを利用する、というのが基本的な使い方となっています。厳密に言えばWi-Fiのロゴマークが指定されている商品が用いる規格が『Wi-Fi』なのですが、ここではそこまで厳密な言及は避けます。

どちらにしても、私達誰もが家庭で、そして外出先で高速の無線LAN通信を活用できるようになった現代、モバイル通信では容量オーバーしてしまう通信量も、固定回線等のWi-Fiを用いることによって、回避できます。特に、お店などに設置されているWi-Fiには、そういった目的で利用されることが多い、と言えます。特に、全国的にカフェや駅、その他多くの人が利用する施設には『公衆無線LAN』という設備が用意され、それは地元の人だけでなく、他の場所から訪問してきた人、または海外から訪問している人も活用できるようになっています。

無線LANが自宅だけでなく様々な場所で普及したことにより、誰もが公平に、高速のインターネットを活用して、それも『自主的に情報を得る』ということが可能となっているのです。これはまさに、インフラが進歩することによってサービスが進歩した良い例であると言えます。