無線LANの規格名

ネットワークのテクノロジーの進歩によって、私達と『情報』の距離はぐんと近くなりました。もちろん、昔から情報を得るためにはテレビや新聞、といった方法はありましたが、それは単に提供される情報を私達が受動的に『受け入れている』のであり、能動的に情報を『得ようとする』という働きは弱いものでした。

しかし、インターネット、そしてそれに関連する技術が発達し、私達一人一人が高性能の端末を保有するようになったこの時代には、私達はその後者を実現することが可能となっています。いつでも、自分が望むときに、自分が望むような情報を得ることができるようになっているのです。その点で尽力しているのが、まさに『Wi-Fi』という技術であると言えます。

具体的にWi-Fiとは、『無線LAN』における規格のことを指します。
無線LANがその技術名であるならば、その技術の規格名であると言えます。ある団体によって命名されたこの「Wi-Fi」は世界で爆発的な普及を遂げています。
今や全世界で販売されるスマートフォンやタブレット端末、ノートパソコンなどの端末には、ほぼすべて無線LAN(Wi-Fi)機能が搭載されており、誰もが高速ワイヤレス通信を利用することができるようになっているのです。

Wi-Fiは活用できる

インターネットの普及世界におけるインターネットの普及、それは様々な分野での発展をもたらしてきました。
サービスの発展には、インフラの発展が必ず必要です。
そしてそれは着実に時代を重ねるごとに、私達誰にでも実感できるほどに、発展してきた、と言えます。
私達はその進歩を、肌で感じていることでしょう。

いわゆる『進化』と語られることとは異なり、ITテクノロジーにおける『進歩』は、試行錯誤の繰り返しと言えます。複数の方法を模索して、その結果を分析して初めて、最善の方法が見えてきます。それを繰り返していくことによって、より良いサービスが発展し、進歩が遂げられてくるのです。インターネットが普及したことによって、様々なサービスが生まれ、それらのサービスが成功も失敗も含めて様々な事を経験したことによって、それらを発展させた、より良いサービスが生まれることとなりました。それが『進化』とは異なる、まさしく『進歩』と言えます。

ネットワークの進歩は、様々な進歩を生み出しましたが、その一つが、『Wi-Fi』という技術である、と言えます。現代になってより多く聴くようになった、『Wi-Fi』という言葉、Wi-Fiサービスが普及したことによって、それに関連する様々なサービスも可能になりました。そして私達個人単位でも、またもっと大きな単位でも、Wi-Fiの普及は進んでいます。では、Wi-Fiはどのように普及が進んでいるのでしょうか。また、私達個人の観点で見れば、どのような活用法があるのでしょうか。