普及した公衆無線LAN

さて、そのWi-Fiは私達家庭にも普及しましたが、私達が用いる場合は、『家庭用のルータ』を用いるか、『モバイルルータ』を用いてWi-Fiを利用する、というのが基本的な使い方となっています。厳密に言えばWi-Fiのロゴマークが指定されている商品が用いる規格が『Wi-Fi』なのですが、ここではそこまで厳密な言及は避けます。

どちらにしても、私達誰もが家庭で、そして外出先で高速の無線LAN通信を活用できるようになった現代、モバイル通信では容量オーバーしてしまう通信量も、固定回線等のWi-Fiを用いることによって、回避できます。特に、お店などに設置されているWi-Fiには、そういった目的で利用されることが多い、と言えます。特に、全国的にカフェや駅、その他多くの人が利用する施設には『公衆無線LAN』という設備が用意され、それは地元の人だけでなく、他の場所から訪問してきた人、または海外から訪問している人も活用できるようになっています。

無線LANが自宅だけでなく様々な場所で普及したことにより、誰もが公平に、高速のインターネットを活用して、それも『自主的に情報を得る』ということが可能となっているのです。これはまさに、インフラが進歩することによってサービスが進歩した良い例であると言えます。